『バードボックス バルセロナ』ネタバレ考察・あらすじ~残念評価まで:ラストは正体あかされる?

スリラー・SF・アクション

こんにちは!運営人の映画好き絵描き・タクです。

今回のムービーダイアリーズレビュー作品は『バードボックス バルセロナ』です。

『バードボックス バルセロナ』は『バードボックス』のスピンオフ続編。物語自体は一作目『バードボックス』の「続き」ではありません。舞台も異国の地・荒廃したバルセロナとなっています。続いているのは、世界が「それ」の存在で「光景」をみたものは自死してしまうというディストピアな世界観です。

「目隠し」が社会現象にもなったとも言われる『バードボックス』シリーズですが、「現象」になるほどの映画なのかどうかも含めて、2作目・バルセロナ編のレビューです。

 

『バードボックス バルセロナ』あらすじは?

 『バードボックス バルセロナ』の舞台は、荒廃したバルセロナ。

白日の元に晒され、目で光景を見ると自殺してしまう謎の「それ」から逃れるべく、人々は目隠しをして外を歩いている。

主人公セバスチャンは、娘アンナと二人、荒れたバルセロナをさまよっていたが、数人と出会い、バスの中に匿ってもらうことになる。

しかしなぜかアンナはそこにはいない。

突然、バスのエンジンキーを回し、日差しの元にバスを飛び出させるセバスチャン。

突然光の世界に連れ出された人々は全員が自死してしまう。

映画では自死した魂の昇天が描かれる。

どうやら、アンナはすでに死んでおり、セバスチャンは愛する娘の魂とともにいたいがために、自らを「羊飼い」と称し、人々を光の国(死)へ送り届ける=自死へと誘うことをしているようだ。

物語は「それ」が蔓延した時のセバスチャンとアンナの状況を見せながら、「それ」を神の奇跡とみなす教会の神父の存在を明かしてゆく。

そして、「光」を強引に見せることで人々を自死へと導く狂信者の組織の存在。

セバスチャンはまた別の人々と行動をともにするが、娘を思い出させる女の子の存在で、アンナの魂の声に迷いを覚え始める。羊飼いが迷える羊となる。

女の子は「バルセロナのモンジュイックの丘の城は安全だ」との情報を彼らにもたらす。

モンジュイックの丘はケーブルカーでいけるはずだ。

目指すはモンジュイック城。

城を目指す彼らはしかし、狂信集団の追撃で一人また一人と自死してゆく。

はたして彼らは約束の地に辿り着くことができるのか?

『バードボックス バルセロナ』ネタバレありの考察

一作目の『バードボックス』がヒットしたことを受けての二作目『バードボックス バルセロナ』ですが、内容は、全く別物と考えていいと思います。

制作はスペイン映画陣。バルセロナを舞台にしています。

バルセロナをディストピアに表現してしまったデザインには、目を見張りました。どうやって撮影したんだろう???と。最近の映像進化には目を見張りますね、ほんと。

荒廃したバルセロナ、、、バルセロナに旅したことがあるひとは、どう感じるのかな?ちなみにぼくもバルセロナに滞在したことがありますが、映画のトップ、上空から俯瞰した碁盤の目バルセロナショットにニヤニヤしていました。

全体的に一作目に比べてハラハラドキドキ場面が多く、「よりハデに行こうぜ!」的なノリです。

謎の教団(?)も登場します。

主人公の存在や思考、さらにはストーリー全体にキリスト教的世界観を色濃く滲ませています。が、キリスト教以外の宗教を持つ観客には、はたしてどう受け止められたんだろう?と疑問がわきます。

ちなみに僕は、その宗教観がダメでした。受け入れられなかった。

宗教的な要素をストーリーに絡めるのは、こと、娯楽映画においては、そのサジ加減が難しいもんだな、、、と、『バードボックス バルセロナ』で改めて思いました。運営人のぼくの理解力のなさゆえかもしれませんが、、、。

 

一作目を見た時は、作品の「裏メッセージ」を考えさせられたのですが、『バードボックス バルセロナ』を観て、そういった「思索」は起こりませんでした。

(多分、一作目には宗教色がさほどなかったゆえに、「脳内連想ニューロン」が活発になったのかもしれません)

 

『バードボックス バルセロナ』評価レビュー

『バードボックス バルセロナ』、正直な感想をストレートにいきます。

頑張っていい映画を作ろうという気持ちは認めますが、ぼくは、残念ダメムービーでした。

まずは映画のアイテムとなる「目隠し」が息苦しくなり、生理的にダメ。

コロナ禍の時の「マスク」にも似たような、精神的な息苦しさです。

映画陣はもちろんコロナ禍を意識していたと思います。それはわかるけど、しかし、きつい。

登場人物達がマスクならぬアイマスクをするシーンは「おいおい、またか、、、」という気分で見ていました。

独特なキリスト教的世界観も、ムズムズしてしまい、ダメ。

また、全編通して、皆が腰紐?つけて目隠ししてぞろぞろ歩くシチュエーションが、子供の時に遊んだ「目隠しオニ」を思い出してしまい、つい「苦笑い」になり、ダメ。そこ、笑うとこじゃないぞ!と言われそうですけど、ぼくはププっとなっていけませんでした。

ネタバレとなりますが、ラストの軍人達が安全なコロニーで研究しているシークエンスも。言い訳がましく唐突すぎて、ぼくは、バツでした。

最後に「それの正体」が明かされるかと思いきや、これまた歯に衣着せたような、微妙なあかし方。観客を弄ぶのもいいかげんにしてくれよ!と席たったぼくでした。

「微妙」が悪いのではありません。

心のうちを描く人間ドラマでは微妙表現ももちろんありです。

しかしこの映画はレッキとした娯楽ディストピアホラームービーですよ。

制作陣、どこかスジを履き違えてはいやしませんか?と物申したくなりました。…あ、…実は、人間哲学ドラマだったりして、ぼくが単に読み解けなかっただけかもしれませんが、、、、

ということで、残念ムービー・お蔵入り決定です。 

一作目『バードボックス』についてもレビューしています。よかったらこちらからどうぞ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました