『ブレーキダウン』映画のネタバレ含むあらすじ、感想・評価レビュー。カートラッセル主演、疑心暗鬼スリラームービー

スリラー・SF・アクション

1997年製作のアメリカ映画です。カートラッセル×J・T・ウォルシュのアメリカ大陸の田舎道で突然妻が消える。その影にちらつく怪しい男たち。さらわれた妻を救うため、単身戦いに挑む「ごく普通の男」の姿を描いたドライビング失踪スリラーです。ドライブスリラーといえば『激突』が有名ですが、それとは全く異質のムービーが展開します。

なんとなく、スピルバーグの『激突』的ムービーなのかな??と思ってみた映画でした。結構、『ヒッチャー』もそうですけど、『バニシングポイント』『ダーティメリークレイジーラリー』と、「まっすぐなどこまでも伸びる道とクルマ」くくりのムービーって、好きです。

主演がけっこうお気に入りのカート・ラッセル、共演がクセモノ眼力すごいJ・T・ウォルシュ。監督がU571のジョナサン・モストウ。U571は面白ムービーでしたので、一見の価値ありかも、と、観てみました。

ポスターのキャッチは『はじまりはなんでもないクルマのトラブルだった』という、コピーだ…と書きました。その脇に添えられてるサブコピーが、それ以上に怖い。

「あなたの後ろを走っているドライバーが常人とは限らない」…です。

まさに今、そんなドライバー多くないですか?昨今問題になっているアオリ運転ドライバーとは違いますけど、怖いコピーですよね。1997年と随分前の映画ですが、映画の怖さをちょっとレビューしてみます。

『ブレーキダウン』あらすじは?

あらすじはWikipediaから転載(一部改稿)しますね。

カリフォルニア州サンディエゴへ引っ越すために長距離ドライブを楽しんでいたジェフリー・“ジェフ”・テイラー(カート・ラッセル)とその妻のエイミー(キャサリン・クィンラン)は、突然車が故障したため砂漠で立ち往生してしまう。

そこにトラックの運転手ウォーレン・“レッド”・バー(J・T・ウォルシュ)が現れ、エイミーは修理屋を呼ぶためにダイナー「ベルズ・ダイナー」まで乗せてもらう。

ジェフは車を見張るためにその場に残るのだが、いつまで経ってもエイミーは戻ってこない。

車の電気配線が抜けていた事に気がついたジェフは、配線を直しダイナーへと急ぐ。ところが妻はおらず、目撃者によると男達と一緒に別のトラックへ乗り、7号線を北に上がった川の方に向かったという。

ジェフはそのトラックが向かったという道路へ車を飛ばすが、何者かの襲撃を受ける。

…とこれが前半。後半はその何者かとジェフ単身の戦いになります。

『ブレーキダウン』感想レビュー

『ブレーキダウン』アメリカの田舎は広さが怖い

映画はアメリカの広大な荒野でスタートです。

管理人はアメリカ行ったことありませんが、アメリカ映画を見るたびに、荒野のスケール感、日本と違うよな、どこまでも同じ風景が続くんだろうなと思ってました。

舞台はそんな荒野。

クルマが故障したら、どうするんだろう?ケータイなんて繋がらないとこもあるだろうな

で、主人公ジェフ(カートラッセル)とエミリー(キャサリン・クィンラン)夫婦の乗ったクルマは、止まってしまうわけです。

カートラッセルって、けっこうタフガイ的な印象ありますけど、今回はいたってヤサ男な設定。ビビるときはビビるその姿に感情移入してしまいます。

ホワイトカラーのそれなり小市民的な感じが「ポツンと感」を高めて、観る方も「ポツン」。いい感じでのめり込めました。

『ブレーキダウン』消え方が怖い

困った2人を助けようと申し出たトラック運転手(JTウォルシュ)に妻は最短ドライブインまで送ってもらうことにしたまま、消えます。

この消え方が、不気味です。

誰もが、「あんたの奥さん?そんな人しらんよ」といった感じ。

口裏合わせているのか、それとも本当に知らないのか?「疑心暗鬼」がムクムク起きてくる演出はなかなか効いてます。

『ブレーキダウン』ドライブインの客が怖い

アメリカの田舎に行くと、アジア人は「エイリアン=異邦人」の気分を味わうよとよく聞きます。

閉鎖的な意味を込めていっているのだと思いますが、妻を探して訪ねるドライブインのシーンは、ジェフはもとより、観ている観客も見事にエイリアン気分を味わうことになります。

「なんだ、こいつ、見ないやつだな」という視線、じわっと怖いです。

『ブレーキダウン』トラックドライバーが怖い

JTウォルシュ扮する大型トラックの運転手がいわゆる敵役になるわけですが、JTウォルシュは後半正体を表すまでのしらばっくれ方演技がすごい。そのガタイと大型トラックの存在感

と合わさって、大きな陰のような存在を出しています。怖さを目で表現する役者さんだなと思いました。

前半は親切そうな運ちゃんですが、後半、「オレのすることに文句あるか」とガラリ変わると、目が座ります。

結局、強盗チームのボスドライバーだったという設定ですが、家族にもその正体を知らさずにいるところが、実にありそうな設定です。

事件が終わった後に、犯人を「そんな人だとは知らなかった」って、今の日本でも良くあることですから。

広大な荒野も怖いですが、人間はそれ以上に怖いと、思ってしまいます。

『ブレーキダウン』真面目な男だって本気出せば怖い

物語の後半は、前半とガラッと変わります。

前半モードは、謎が謎呼ぶ嫌な汗滲み出るミステリーですが、

後半モードは、逃げろ!やらなければやられちまう!手に汗握る活劇モードに変わります。

この違いが良かったのかどうか、分かれるところでしょう。

カート・ラッセルが、愛妻家のホワイトカラーを巧みに演じています。

主人公がスーパーマンではなく、あくまで普通の人。そして極限に追い詰められたとき、精一杯のハラハラファイトを見せるというシチュエーションがとっても納得できて、ストーリーチェンジの良し悪しは「ヨシ」として楽しんでいました。

『ブレーキダウン』ネタバレ含みのぼくの評価は?

小粒ですけど、なかなか良くできたドライビングスリラームービーだと思います。

この怖さ、「田舎アルアル」だと思います。

ちょっとタガが外れたことしてしまったけど、田舎独特の「ま、黙ってようぜそれで丸くおさまる」気質がそのままズルズルとブレーキが効かなくなってしまう怖さ。それがうまく出ていました。

最後、ゴツいカーチェイスとなりますが、救出した「奥さん」が、見せる「女はつよし」ラストシーンもナイスでした。(実は管理人は奥さまがタイプでもある知らんけど)

このラストシーンは橋が舞台となります。「橋から落ちるか落ちないか?」というネタは使い古された感はあるのですが、やっぱり高いところから落っこちそうというシチュエーションはめちゃくちゃ手に汗握ります。

『ブレーキダウン』は、結局、『激突!』とはぜんぜん違うタイプのミステリアクションでした。

前半後半のトーンが変わってしまうところは、ちょっぴり残念でしたが、最後まで楽しめましたよ。

『ブレーキダウン』キャストの魅力

主人公ジェフリー・“ジェフ”・テイラー=カート・ラッセル

管理人がはじめて彼の出演映画を観たのは『ユーズド・カー』でした。スラップスティックムービーです、。

あまり強い印象は残りませんでしたが、その次の作品が『ニューヨーク1997』。これが強烈でした。続く『遊星からの物体x』も、どハマりでした。

以後、『バックドラフト』『ポセイドン』などなど。出てくると、ぼくはニヤッとしてしまう俳優です。好きです。

ウォーレン・“レッド”・バー=J・T・ウォルシュ

この映画の悪役を演じたのはJ・T・ウォルシュ。彼は『バックドラフト』でカートラッセルとは共演していました。『バックドラフト』では、これまたバリバリクセのある役を演じていましたので、撮影現場でこの2人は「また、敵役だなあ」なんてジョークたらたら和気あいあいだったのでは?と、勝手に思っています。(ホントかどうかはわからんけど)

エイミー・テイラー(ジェフの妻)=キャサリン・クィンラン

女優デビューは『アメリカングラフィティ』とキャリア長いです。『アポロ13』でも見ていたはずなんですが、記憶にないぼくは『ブレーキダウン』で、はじめてツボりました。

ちなみに『アメリカン』の監督は『スターウォーズ』のジョージ・ルーカスです。(本作とはなんの関係もないけど)

『ブレーキダウン』配信・DVDは?

2023年6月時点では配信されていましたが、8月現在、今は配信はされていないようです。DVDは購入可能です。



コメント

タイトルとURLをコピーしました